<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 夕立 | main | おへんじ >>
窓開けてうとうとしてたら夢をみた
知らない家の洗面所の前に男の人が立っている
まだ髪が黒い 若い頃のおじいちゃん

「こんにちは」って話しかけると 振り返って笑いかけてくれて
名前と年齢を言ったら「孫が成長したらこんな感じかなあ」と目をじっとみつめる
お孫さんは2才だって教えてくれた
壱川が2才の頃のおじいちゃんってちょうどこんな感じなんだろうな…

過去へ行ったみたいでどきどきした
私の声があまり届かないみたいで一生懸命耳元で喋ったけれど
こっちでみる幽霊みたいな存在だったんだろうか
ぎゃー!悪霊!とか言われてお札投げつけられなくてよかった


夢の中だけど
どっかで本物の過去に繋がってたら面白いよね

部屋に怖くなさそうなもんやりした人が現れたらちょっと話してみたい



あと気になってたんだけど
このブログこんなに重かったっけ
なんか表示されるまでにすごい時間かかるんだけどなんだこれ…
時計?時計が重いの?
スポンサーサイト